ハーブティーの歴史とブレンド次第でダイエット

Pocket

ハーブティーを飲むことがダイエットにつながるなんて初耳でしたが、ハーブというのが漢方のような薬草であると教えてもらったときには腑に落ちました。

ハーブティーというとヨーロッパのオシャレなたしなみというようなイメージがありましたし、イギリスのティータイムの印象しかありませんでした。

けれど、ヨーロッパではもっと奥が深いのかもしれません。私たち日本人がお茶を様々な飲み方で楽しんでいるようにきっと奥が深いものであるに違いありません。

scym / Pixabay

歴史を紐解いてみるとツバキ科のチャノキを元にしているという点では緑茶もウーロン茶も紅茶も変わりません。

もともとは中国が原産というのですから、中国の歴史の深さはすごいとしか言いようがありません。

中国からヨーロッパに広まっていったというところが歴史のようです。古代ギリシャのヒポクラテスが医学として研究したことからもハーブというのは体に良いものだと言えます。

ハーブというのは薬として使われているといのですから、ハーブティーにデトックス効果があるのも納得できます。

そうですよね?

ハーブティーを飲むことで便秘に良いという話も聞きますし、睡眠に良いという話も聞きます。

これは、ハーブが薬だと解釈するとどれもストンと納得できる話で考え方のベースが書き換えられたようでひとつ賢くなったような気がします。

さて、ハーブはダイエットにも効くというのはハーブのブレンドによって変わってくるようです。

ハーブが1万は超えるほどの種類があるといいますから、素人が生半端にブレンドを行うことができるものではありません。むかし医学として古代のギリシャ人が使っていたということですから、薬剤師のような当時は感覚があったのかもしれませんね。

そうなると、ハーブティーを使ってのダイエットは市販されているブレンドのものをはじめは飲むのが一番安心できる選定方法だといえます。
わたしとしては、ハーブティーによるダイエット効果人気ランキングを参考とさせていただきました。

この中でもコラムとしてハーブティーの効用を取り扱っていますが、健康的に痩せたい方におすすめということでずっと無理なダイエットをするわけにはいきませんので、女性にとっての味方であると言えます。

私も含め女性の方はお通じで悩まれている方もたくさんいらっしゃると思いますから、毎日ハーブティーを飲むことでデトックス効果を実感して、お通じの良さを年間通じで良い状態を維持できるというのはありがたいことです。

まずは1杯からでもハーブティーを飲む習慣をつけてみようと思います。